Home » 相澤プロのつぶやき » グリーン上でのピンを抜くか抜かないか???

グリーン上でのピンを抜くか抜かないか???

新ルール適用でグリーン上ではピンを抜いたり挿したりする事が多くなりましたが、いったいどちらが良いのでしょうかと最近良く質問されます。これにかんしては色々なご意見があるかと思いますが、まだゴルフ雑誌には明確なアドバイスが記載されておりませんが、私は最近こう思います。まず10フィートを超える早いグリーンや順目の下り等や、横から入れるようなシビアなラインでは、抜いた方が良いと思います。そのほうがカップを広く使えるイメージが出しやすく、タッチが合わせやすくなります。それとは逆で、8フィートぐらいの遅いグリーンとか、逆目等、上りのラインなどでは、ピンを抜かずにさしたままストロークをした方が、ショートする事なく強く打つことが出来ます。デリケートなラインやグリーンでは、ピンを抜いた方がゆっくり優しくストロークする事が出来ます。
ピンをさしたまま打つ方が、ラインを潰して強く真っ直ぐ打つことが出来ます。

もちろん自分自身のフィーリングに合った打ちやすい方を選ぶことが大切ですが、いろいろな方とのラウンドレッスンを通じて私が最近思う事は上記の記す通りです。参考にして下さい。決してどちらが良い悪いという事ではありませんよ。


Top